· 

チェロに向いている人ってどんな人?

「チェロを弾くのに向いている人ってどんな人?」「私にチェロが弾けるかな?」

これからチェロを習ってみたいと考えた時に、思い浮かべてみたことはありませんか?

 

今回は私が自分なりに感じていることを書きます。


これから習い事を始めようという方や「お子様に楽器を習わせたい」とお考えの方にとって少しでも参考になりましたら幸いです。

 

まず始めに、チェロってどんな楽器?ということからご紹介したいと思います。

チェロは、

  • 独奏
  • 少人数によるアンサンブル
  • オーケストラ

のいずれでも活躍できる楽器です!

 

独奏では弦楽器ならではの重音の表現や、

旋律を歌い上げる演奏法などを駆使したチェロの響きが聴く人の心を動かします。

 

  • バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番〜第6番
  • カサド 無伴奏チェロ組曲

 

などの曲が特に有名です。

 

 

アンサンブルは、ピアノとのデュオから始まり

ヴァイオリン、ヴィオラとのカルテット、弦楽合奏、

チェロのみで構成されるチェロアンサンブル等、

低音から高音まで弾き分けるチェロの魅力を活かした

多彩な曲目があります。

 

チェロとピアノ

  • ヴィヴァルディ チェロソナタ第5番
  • ベートーヴェン チェロソナタ第3番
  • メンデルスゾーン チェロとピアノの為の無言歌
  • フォーレ エレジー
  • カタロニア民謡(カザルス編) 鳥の歌
弦楽四重奏(カルテット)
  • モーツァルト 弦楽四重奏曲第17番「狩」
  • ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第13番
  • ドヴォルジャーク 弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」
弦楽合奏
  • モーツァルト 「セレナード第13番」
  • チャイコフスキー「弦楽セレナード Op.48」
など…ここで挙げている曲はほんの一部です。
オーケストラは、協奏曲(コンチェルト)というチェロ独奏&オーケストラという形と、
オーケストラでチェロの活躍が有名な曲としてほんの一部を挙げてみます。
  • ハイドン チェロ協奏曲第1番、第2番
  • ラロ チェロ協奏曲ニ短調
  • ドヴォルジャーク チェロ協奏曲ロ短調 Op.104
  • サン=サーンス 「動物の謝肉祭」より「白鳥」
  • R.シュトラウス 交響詩「ドン・キホーテ」
オーケストラの為の曲は「この楽章の、この部分にチェロの素敵な旋律が…!」と発見していく事も楽しみ方のひとつです。
さて、このように様々な場面で多種多様な役割を担っているチェロの演奏者には、個人的にこのような方が多いと思っています♪
  • あまりセカセカしていない(ように見える)
  • 自己主張は少ないけれど存在感がある
  • これは絶対に譲れない!という自分のこだわりがある
  • 自分のペースを持っている

勿論、全てのチェリストが必ずどれかに当てはまるとは限りませんし、他の楽器奏者の方が当てはまらないということでもありませんが、チェリストには年齢やプロアマを問わずこういった方が多いように思います。

 

どことなく似た性格の方がチェロを始め、そしてチェロを弾き続けているのでしょうか?

 

私は、あまりそうは思いません。

チェロを弾く時に無意識のうちに気を配っていることや、音楽の中で担っている役割、そういった環境に適応して「チェロ弾きっぽい」人格になっていくのだと思っています。

 

 

…という訳で、「チェロを始めよう」と考えた時に

  • 持ち運びに難を感じる
  • ご自宅での置き場所に困る
  • 練習が全くできない環境である

といった理由が特にない場合は、自分にはチェロが向いていないのでは…と心配する必要は全くない、ということです。

 

自分を変えようとしなくとも、チェロを弾くうちに自然と「チェロ弾き」になっていくからです。

 

体格的に小柄な方も、身体の使い方を工夫することによって

チェロの響きを存分に引き出すことが可能です。

 

 

チェロに限らず楽器を習う上で最も大切なのは性格や体格の向き不向きではなく、

その楽器の音色や楽器そのもの、演奏する事が大好きであることだと思います。