· 

大人になってからチェロを始めるには①

以前の記事で「音楽教室の選び方」についてお伝えしました。

3つの記事で

 

  • 講師
  • 何の楽器を選ぶか
  • 教室の理念
  • 大手教室か、個人教室か
  • 個人レッスンか、グループレッスンか
  • 音楽の本質的なところを教えてもらえるか

についてお伝えしておりますので、ご覧いただけましたら幸いです♪

 

音楽教室の選び方 お子様編①

音楽教室の選び方 お子様編②

音楽教室の選び方 お子様編③

 

さて、本日は、

 

「チェロの音色が好き!」

 

「でも、楽譜も読めないし…」

 

「楽器が重そう…」

 

「今からでも始められるのかしら?」

 

「どんな教室が自分に合っているのか分からない」

 

「個人レッスンとグループレッスン、どちらが良いの?」

 

などの心配や疑問にお答えする内容をお伝えしたいと思います。

中にはお子様編と重複する内容もありますが、これからチェロを始めたい大人の方にお読みいただき少しでもご参考になりましたらとても嬉しいです。

 

  • 大人の方の習い事にチェロをお勧めする理由
  • 個人レッスンか、グループレッスンか
  • 発表会がある教室か、無い教室か
  • 体験レッスンで確認したい事
  • 大人になってチェロを始めたい!という方の心配事
といった内容の中から、今回は一つ目についてお伝えします。
大人の方の習い事にチェロをお勧めする理由は?
チェロに限らず楽器の向き不向きは、最終的には「ご自身がその楽器や音色を好きかどうか」が一番大切だと思っています。

大人の方でチェロを始める前にまず気になるポイントは「大きい・重い」だと思います。
チェロは全長を測ると125㎝程度の長さがあります。
ヴァイオリンは大体60cmくらいですので、倍はあります。
その大きさが、チェロの豊かな音域と音色という魅力を作り出しています♪

また、重さは楽器本体が3.5kg程度ですが、楽器を収納するハードケースは値段と重さが反比例すると言っても良いほど様々な重さ、頑丈さ、価格帯のものがあります。
名越チェロクラスではご自宅でのおけいこを大切にしておりますので、例えば
「週に一回 or 月に一回などご自分の好きなタイミングで教室に通い、レッスンの時だけ教室の楽器を使わせてもらってレッスンを受講したい」
という方のご希望には沿うことができないかもしれません。

チェロはご自分の身体のように大切に扱っていただきたいので、ご自宅にチェロを横にして置いておけるスペースを確保できる方、ある程度ご自身で持ち運びが可能であることが必要です。

「毎週、教室に楽器を持っていくのが身体的に大変」という生徒さんへはオンラインによるレッスンも対応可能ですので、お問い合わせや体験レッスンの際にご遠慮なくお聞かせください。

さて、ここまでを前提としてようやく大人の方にチェロをおすすめする理由をお話しすることができます。
まず一つめのポイントは、

  • あまり身体に無理のない姿勢で演奏することができる

という点です。

楽器の中には、その楽器を演奏する為に腕など身体の一部を捻る必要がある楽器もあります。

チェロは椅子に座って演奏する楽器ですので長時間立ったままおけいこしなくて良いという利点もありますが、楽器が程よく大きいという特徴がある為に小さな楽器に合わせて身体を捻る必要がありません。

習う楽器の種類によってはお子様の場合は身体が柔らかいので比較的楽に取り組めることでも、身体が出来上がっている大人の方にとっては難しい姿勢と感じられる場合もあります

私の音大生時代の秘蔵(?)写真!
ヴァイオリン専攻の友人にヴァイオリンを教わった時のものです。
チェロを弾く時にはあまり使わない筋肉を使ったので、左腕が攣るかと思いました。

しかし、名越クラスにも、お子様がチェロを始めると同時にご自身がヴァイオリンを始められたというお母様お父様もいらっしゃいます。

やはり何より大事なことは「楽器が好き!音が好き!」という気持ちです♪

二つ目のポイントは、

  • 音色、音程を自分で作る楽しさがある

これは中級〜上級者の生徒さんになってくると実感していただきやすい事ですが、弓の当て方やヴィヴラートのかけ方で音色を変えたり、また左指の微妙なコントロールによって自分で音程を作り出す事ができる(あくまでも正確な音程がしっかりと身についた上で、です)ことを知って驚かれる方が多いです。

三つ目のポイントは、

  • ソロもアンサンブルも楽しい!!
チェロは無伴奏やチェロ・ソナタ、小編成のアンサンブル〜オーケストラと幅広い活躍の場を持つ楽器です。
持ち運びができる楽器であること、メロディーから低音までこなすといった特長がありますので仲間とのチェロ・アンサンブルも魅力的です!
いかがでしたか?
次回は
  • 個人レッスンか、グループレッスンか
  • 発表会がある教室か、無い教室か
  • 体験レッスンで確認したいこと
  • 大人になってチェロを始めたい!という方の心配ごと
についてご紹介していきます。